静岡県静岡市清水区のアルファ矯正歯科クリニックです。常により良い矯正歯科医療サービスの提供を心掛けております。

アルファ矯正歯科クリニック
HOME クリニック紹介 ドクター経歴 Q&A 治療費 リスクと副作用 ドクターズトーク アクセス リンク お問い合せ先
Alpha Orthodontic Clinic
矯正歯科治療のリスクと副作用

矯正歯科治療に限らず全ての医療にはリスクと副作用、また合併症や治療の限界があります。受診に際しては以下の点を十分にご理解頂くことが大切です。

矯正歯科装置について

  1. 矯正歯科装置をお口の中に付けると歯やお口の中の粘膜に違和感を生じることがあります。
    多くの場合は数日から1週間で慣れてきます。
  2. 矯正歯科装置をお口に中に付けると発音など会話に影響が生じることがあります。
    多くの場合は数日から1週間で慣れてきます。
  3. 矯正歯科装置は歯を動かすために1か月毎に僅かな力をかけて調節しますが、その際に痛みを感じることがあります。
    痛みは個人差が大きく、比較的強い痛みを感じる人がいる反面、痛みがほとんどない人もいます。痛みは矯正歯科装置調節の翌日、翌々日がピークでその後、数日から1週間で治まります。
  4. 矯正歯科装置は接着剤の強度に限界があるため、食事の時に硬いものを食べて装置にあたると外れることがあります。
    硬いものを食べる時には十分注意してください。

矯正歯科治療の治療方針や期間

  1. 歯の動きは個人差があるため、治療前の予想治療期間よりも長くなることがあります。
  2. 成長期の子供の矯正歯科治療では、治療中に予想外のアゴの成長などにより治療方針の変更が必要になることがあります。
  3. 治療中に学校、お仕事、ご病気などにより長期間通院が途絶えると治療が長引くことになります。
  4. 治療開始前のレントゲン検査などでは分からない歯と歯槽骨の癒着が治療中に判明することがあります。歯槽骨と癒着のある歯は矯正歯科治療による移動ができないため、治療方針の変更が必要になります。

矯正歯科治療中の合併症

  1. 矯正歯科治療中にハミガキを怠るとむし歯や歯周病になることがあります。
    治療中のハミガキをしっかりと行うと同時に、かかりつけ歯科医への定期的な受診を行い、むし歯予防や歯周病の管理を行うことが大切です。
  2. 矯正歯科治療により歯根が短くなる歯根吸収や歯肉が下がる歯肉退縮が生じることがあります。
  3. 矯正歯科治療中にアゴの関節に痛みなどの顎関節症が生じることがあります。
    症状があれば主治医にお伝えください。

矯正歯科治療後の結果

  1. 歯を動かす治療(動的治療)の終了後は、歯並び、咬み合せを安定させるために保定装置を使用しますが、保定装置の使用を怠ると歯並び咬み合せが再び悪化する「後戻り」を生じることがあります。
    治療後の保定装置は主治医の指示に従い忘れずに使用しましょう。
  2. 矯正歯科治療の結果には限界があります。矯正歯科治療は理想的な歯並び、咬み合せの達成を目標とするものではありません。
    治療により改善が可能な点と、治療によっても改善が望めない点に関して治療前に主治医に確認するとよいでしょう。

PAGE TOP
Copyright(c) Alpha Orthodontic Clinic. All rights reserved.