静岡県静岡市清水区のアルファ矯正歯科クリニックです。常により良い矯正歯科医療サービスの提供を心掛けております。

アルファ矯正歯科クリニック
HOME クリニック紹介 ドクター経歴 Q&A ドクターズトーク アクセス リンク お問い合せ先
DOCTOR'S TALK[ドクターズトーク]
Alpha Orthodontic Clinic
Alpha Orthodontic Clinic
「女の子のキャプテン」

先日、診療中に中学生の男の子の患者さんと話していて、世の中ずいぶんと変わったものだなあ。と思うことがありました。その男の子は中学の野球部に入っていて、今年の4月から2年生になりますが、野球部の部員は新2年生と新3年生で合計9名しかいないとのこと。そして新3年生はたった一人しかいないけれども、その一人が女の子なのだそうです。この女の子はサードを守っていて、キャプテンも務めているらしいのです。
患者さんの男の子はそのことにどうもちょっと不満があるようなの口ぶりなのですが、私はその野球部の練習風景を想像してみて、何とも嬉しく、また頼もしい気持ちがしてきたました。女の子が一人で野球部キャプテンを務めるのは、相当たいへんなことだろうと想像できます。クリニックの患者さんの中でも、中学校の野球部の男の子はたくさんいますが、その中には体格的にはもう高校生や大人に近いような子もいて、この子達にキャプテンとして信頼され、チームをまとめ上げるのは難しいことなのだろうことは容易に想像できます。

私は小学校からサッカーを始めて大学まで続けましたが、私の時代には野球部にもサッカー部にも女子部は無いばかりか、女の子が男の子のクラブに入って一緒にプレーするということは全く想像できないことでした。実際のところ、今から10年程前に友人のサッカーサークルの練習試合に参加させてもらった時に、大学の女子サッカー部の部員が数人その中にいて、その時が女性と一緒にサッカーをプレーした初めての体験で、プレーをしている時には、何ともいえない不思議な感じがしたものです。
私は、この野球部の女の子や多くの女性が「自分のやりたいことは、やっぱりやってみたい!チャレンジしてみたい!」「女の子だからといって、あきらめたくない!」という態度が好きですし、応援したいと思っています。と同時に私たち男性や男の子は、私たちにとっては当然だと思っている事が、女性や女の子にとっては当たり前の事ではなく、様々な偏見やプレッシャーがあるのだろうということも理解するべきだと考えています。
患者さんの男の子はちょっと小柄でおとなしいタイプの子で、女の子のキャプテンには多少不満がありながらも「しょうがないなあ」といった感じが見受けられます。けれども、私の子供時代にはできなかった、女の子と一緒にプレーし、女の子のキャプテンの基でクラブ活動を行ったという経験は、今後のこの男の子の人生において、女の子や女性に対する尊敬や、男女の平等といった事柄に対する考え方や態度に大きな影響を与えることになることは間違いないでしょう。

私のクリニックでは、患者さんの大多数は女の子と女性です。患者さんとは色々な話をしますが、私はサッカーを頑張っていたり、演劇に一生懸命になったりしているような何かにチャレンジしている女の子や女性の話を聞くのが好きです。
矯正治療もある意味では一つの“チャレンジ”です。良い歯並びを得るためには「あきらめないで、チャレンジする。」気持ちが必要なのです。私のクリニックがそのチャレンジのお手伝いをできれば幸いと考えています。

PAGE TOP
Copyright(c) Alpha Orthodontic Clinic. All rights reserved.